上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウブドの後編。ランチはライステラスの見えるレストラン、ロイヤルピタマハで極上のエスニック料理を味わいました。
lunch1.jpglunch2.jpg

20080822_99_87.jpg

あとでわかったのですが、有名な場所らしく、ウブドの王族がオーナー。ホテル・レストラン・スパなどがあり、スパは資○堂がかかわっているらしい。調度品がとても素敵な落ち着いた雰囲気の場所でした。眺めも素晴らしかったです。もっと散策したり写真を撮ればよかった。

20080822_99_80.jpg

食事のあとは本日のハイライト、ウブドの王宮へ。
20080822_99_92.jpg
20080822_99_91.jpg
20080822_99_96.jpg

人がうつっていない写真が少なかった(汗)

石の彫刻の多いこの国、一体職人さん一人あたり生涯に何体彫るのでしょう?

ウブドは自然が多く芸術にあふれ、厳かで神聖な街でした。

次で最後。最後は買い物篇です。いつまでも旅行記やっていられるはずもなく、刺繍も頑張ります。

20080822_99_37.jpg



スポンサーサイト
バリ島最終日、帰りの飛行機が夜遅い出発だったので、早朝から夕方の日程で運転手とガイドをたのんでウブドへ出かけました。

それにしてもこの国の運転、本当に怖いです。恐怖でした。車間距離をあけずに高速で走って常に急ブレーキ。生きた心地がしませんでした。

ウブドでは主にアートに触れる行程。まずはバティックの工場へ。



batik process

日本でもおなじみのバティックは平均6行程くらいのロウケツ染めで人気があるせいかニセモノもいっぱい。高級品は12行程もあるそうで、本物は洗っても絶対に色落ちしないそうです。

上の写真は手描きをした下絵を蝋でなぞっているところ。下絵は曲線を美しくするために点線で描くそうです。

次に向かったのは、画家の「ギルド」 いわゆる「バリ絵画」の画家のタマゴの集落?でした。
art6.jpgart2.jpg
art3.jpg

art5.jpg

次は木彫りのギルド。
art7.jpg

art8.jpg

20080822_99_38.jpg

20080822_99_39.jpg

途方もない手仕事をただただ眺めていました。どこでも写真は快くOKして下さり、感激でした。

美術館にも行きました。(左にミルヒーが・・・)

20080822_99_63.jpg

美術館も撮影OKなんです。掲載も。
neka1.jpg

午前中は時間のかかる手仕事があふれるこの国のお家芸をじっくり鑑賞しました。


旅行も中盤、買い物の名目でスミニャックに。スタイリッシュなお店の多い街です。

しかし! 目当ての店が全て休み。 おまけに道のところどころに穴があいているので、とてもきょろきょろして歩くことが出来ず・・・写真も撮れず・・・道を渡るのも一苦労でやる気をなくし・・・すっかりふてくされた私たち親子はビーチへ向かって歩きました。
疲れてどっかりと座り込み続け・・・



こちらさんたちは水着もないのに元気に走り回り
beach.jpg

美しいはずのサンセットも何故かこんなで(晴れていたらどんだけ美しいのか・・・残念です)
sunset.jpg

救いはふらりと入ったイタリアンがとっても美味しかったことです。でも写真を撮りませんでした。

帰り、こんなしょうもない看板を発見して大うけ。
konbini.jpg

明るいところにはヤモリがわんさか。さすがインドネシアです。
yamori.jpg

リベンジしなくては。

海ではいろいろなマリンスポーツがさかんで何もしない私でも見入ってしまいます。
バナナボート↓


フライフィッシュ↓
fish.jpg

息子がパラセーリングに挑戦しました。
waiting?
↑とっても不安そうでしたが・・・

前の人が終わってから一瞬のうちに装着され、何も考える間もなくそのままヒューっと飛んで行ってしまいました??本当にあっと言う間でした。
para1.jpg

para2.jpg

para3.jpg

そしてあっと言う間に戻って来ました。

シーウォーカーにも行きました。いわゆる海底散歩。デジカメの写真はありませんが、水中用のウツルンデスを持って行きました。ばっちり撮れていましたよ。って実は私はお留守番。

ちょっとマリンスポーツから脱線。
家族がシーウォーカーに行っている間、一人でシーウォーカーのあるサントリアンというリゾートの中を探検していました。
santrian4.jpg
スタッフに聞いた話を忘れないうちに書いておくと、サヌールビーチにあるこのリゾートは日本人はほとんど来ないというまさに「ヴァカンス型・ロングステイ向き」のビーチで、ゲストの90%以上が西洋人とのことでした。昔はサヌールビーチがバリ島旅行の主流の地域だった(と言うよりここしかなかった)そうで日本人も結構来ていたそうですが、南の方がどんどん開発されて大型ホテルがどんどん増えてバリ観光のスタイルもすっかり変わり、静かなサヌールビーチは西洋人のなわばり?になったようです。本当にみんなのーんびりしていて流れる空気が日本人の多い賑やかで娯楽の多いジンバランとは違っていました。

サントリアンのオーナーの弟が敷地内でシーウォーカーを経営していて、いろいろな旅行代理店とビジネスをしているので、そちらにはよく日本人が訪れるそうです。

ぐるりと歩き回りましたが、緑が多くて本当に素敵な場所でした。ヴィラ(一軒家)ではなく、バンガロー(二軒長屋)でした。(写真ないです。)
santrian3.jpg
↑こんなバレでお昼寝したい・・
santrian2.jpg
santrian1.jpg
↓こんなバレもいかが?(おじさま、ごめんなさい。)
sanur1.jpg

シーウォーカーから戻った家族は水圧で耳がおかしくなったそうで、またやりたいとは思わなかったようですが、海の中で魚と戯れることが出来てしばらくテンション高くゴキゲンでした。

最後にコンラッドホテルのプールのウォータービクス。
20080821_99_19.jpg

まだまだ続きます。

この夏休みは家族4人でバリ島へ行って来ました。よかったら旅行記にお付き合い下さい。
その1はホテル篇。コンラッドに泊まりました。

サンライズ。曇っていてはっきりせず残念。


ヨガのレッスン(寝ているところを撮影)。この日の生徒は2人でした。(私ではありません)
Yoga.jpg

噂のバレ。朝から争奪戦 まだ早朝なのでガラガラ。
bale.jpg

こちらも充実。
poolside.jpg
バレでもこちらでも休んでいるとスタッフがミネラルウォーター・おしぼり・ミストを運んでくれます。

プライベートビーチ?早朝はこんなに潮が引いていてかなり沖まで歩いて行けます。
ebb tide

こんなお方に遭遇ちなみに私の手よりデカイです。
star fish

???な光景。一体どこへ??どんどんこっちへ向かってくる! 人がたくさんいますですよ。
going onto the beach?


朝食は毎日mie baksoを食べていました。
breakfast.jpg

朝食のあとは毎日卓球。この子たち、どこへ行っても卓球に夢中です。
table tennis

遠くから見るとこんな感じ。あぁ、いつもと景色が違う!異国で卓球してます!
pool.jpg


ビーチバレーも出来るみたい。
beach volleyball

泊まった部屋の写真を撮り忘れたので、ホテル篇はこれでおしまい。

conrad.jpg

やっっっと! 二学期が始まりましたね。夏休み、長かったような短かったような・・・
手仕事はさっぱり・・・でしたが、ちょっと振り返ってみたいと思います。
8月の後半に旅行に行きました。8年ぶりに北海道へ。
P1020800.jpg

お花畑を見たり(ラベンダーは終わっていました。残念。)
P1020759.jpg

話題の動物園へ行ったり、3泊でしたが堪能してきました。

ハードスケジュールに加え、北海道なのに!!全然涼しくない!
おかげでぐったり疲れてしばらく体調を崩す始末。
人が写っていない写真が少なくてこれだけでごめんなさい。



こどもたちにせがまれお台場にも行きました。冒険王です。
30日は涼しくてそんなに人がいなくて、しっかり色々見ることが出来ました。いつも見ているクイズ番組に参加したりして脳の衰えを実感。
20070903-3.jpg

久々にこども二人ツーショットで。いやがるのを無理矢理撮影しました。この写真は私の宝物よ、と言って思い切り嫌がられました。男の子と女の子の組み合わせってこんなものですかね。

... 続きを読む

夏休みですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。我が家はこの週末、六本木へお出かけ。こどもたちは映画館へ、夫と私はランチをしてからかねてから念願のショップへ行きました。(「私の」念願です。)


CLASSICS THE SMALL LUXURY・・・世界でたったひとつのハンカチーフ専門店。


六本木ヒルズが出来た頃から気になっていながらなかなか寄る機会に恵まれずにいましたが、先日購入した雅姫さんの新刊本に詳しく紹介されていたのを見て「早く行こう」という気持ちになりました。


天然素材のハンカチにきれいな手刺繍を施したものがずらり。レースのものもたくさんありました。美術館にいる気分でした。


刺繍の見本帳もたくさんのサンプルがぎっしり。動物や花に加えてアルファベット(イニシャル)の数がすごい。私のMのサンプルを数えてみたら34もありました。


20070723-1.jpg


私がこの日買ったベトナム刺繍のハンカチです。全て手刺繍だそう。え?本当?!穴があいてしまいそうなくらいじーーーっと眺めてしまいました。確かにそう言われればアウトラインがちょっと歪んでいたり糸がちょっとよれていたり・・・でもそんなことより、ハンカチをぐるりと埋め尽くしているきれいなお花に見とれてしまって、「どんな人が刺したのかしら?」とステッチャーさんのことをあれこれ考えてみたり・・


結構いいお値段だったこともあり、妹や夫に「それで手を拭くの?」と冷ややかな目で見られてしまいましたが、当分手は拭かないつもり。外食の時のおひざかけにしようと思いつつ、お水のグラスの水滴ひとつで落ち着かなくなってしまいそうなので、当分はテーブルの隅に携帯か何かと一緒に置いて終わりかしら。絶対にたんすのこやしにしないで愛用品として使いたいので、慎重に使い方を考えます。


これを機会にタオルハンカチは卒業してこれからは贅沢なハンカチと手を拭くためのハンカチ2枚を持ち歩くことにしようと決めたところです。汗用もいるかしら?ハンカチ女王ですね♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。