上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バリ島最終日、帰りの飛行機が夜遅い出発だったので、早朝から夕方の日程で運転手とガイドをたのんでウブドへ出かけました。

それにしてもこの国の運転、本当に怖いです。恐怖でした。車間距離をあけずに高速で走って常に急ブレーキ。生きた心地がしませんでした。

ウブドでは主にアートに触れる行程。まずはバティックの工場へ。



batik process

日本でもおなじみのバティックは平均6行程くらいのロウケツ染めで人気があるせいかニセモノもいっぱい。高級品は12行程もあるそうで、本物は洗っても絶対に色落ちしないそうです。

上の写真は手描きをした下絵を蝋でなぞっているところ。下絵は曲線を美しくするために点線で描くそうです。

次に向かったのは、画家の「ギルド」 いわゆる「バリ絵画」の画家のタマゴの集落?でした。
art6.jpgart2.jpg
art3.jpg

art5.jpg

次は木彫りのギルド。
art7.jpg

art8.jpg

20080822_99_38.jpg

20080822_99_39.jpg

途方もない手仕事をただただ眺めていました。どこでも写真は快くOKして下さり、感激でした。

美術館にも行きました。(左にミルヒーが・・・)

20080822_99_63.jpg

美術館も撮影OKなんです。掲載も。
neka1.jpg

午前中は時間のかかる手仕事があふれるこの国のお家芸をじっくり鑑賞しました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。